Googleは、情報へのアクセスを支援する、日本のニュース エコシステムに向けた包括的な取り組みの一部として新たなライセンスプログラム「Googleニュースショーケース」の提供を開始した。これらの取り組みを通じ、読者に質の高い報道を届け報道機関の持続可能性に貢献する。
 

 Android、iOS、モバイルウェブのGoogleニュース、iOSのDiscoverに表示するGoogleニュースショーケースのパネルには、単一または複数の記事をわかりやすく表示。これにより、プログラムに参加する報道機関(パブリッシャー)は、より多くの方法で重要なニュースを自ら届けることができるほか、プレゼンテーションとブランディングをより直接的に制御可能になる。
 プログラムに参加するパブリッシャーは、読売新聞、朝日新聞、日本経済新聞、中日新聞、河北新報、京都新聞などの全国紙・地方紙並びに時事通信、共同通信を含む国内40社以上の報道機関。なお、パネルと報道機関は順次追加していく。
 Googleニュースショーケースには、インド、ドイツ、ブラジル、カナダ、フランス、英国、オーストラリア、チェコ、イタリア、コロンビア、アルゼンチンを含む12カ国以上で1000社を超える報道機関が参加しており、対象となる国・地域は今後も拡大予定。
 なお、Googleはパブリッシャーとのライセンス契約の一環として、読者が一部の有料コンテンツにアクセスできるよう、参加する報道機関に支払いを行っている。