ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンは、加熱式たばこ専用デバイス「glo(グロー)」から、スリムでスタイリッシュなデザインを採用した「glo pro slim(グロー・プロ・スリム)」を、全国のgloストア、gloスポットで9月20日に、glo & VELOオフィシャルオンラインショップでは9月21日に発売する。カラーは、ブラック、ホワイト、イエロー、ネイビーの4色。価格は1980円。

 「glo pro slim」は、従来の「glo pro」と同様に最新の誘導加熱技術(IH)を採用しつつ、glo proと比較して約25%の軽量化を実現している。「glo pro」と同じく、高温加熱による味わいを楽しめるブーストモードも備え、通常モードとブーストモードをその日の気分やシーンに合わせて、ボタン1つで選べる。
 これまでのgloが搭載していた前面中央のパワーボタンを、本体側面に移動するなど、全体をスタイリッシュに一新することで、glo史上もっともスリムなデザインを実現した。
 現在販売されている、gloスリムシリーズ全11銘柄のスティックを使用することが可能で、プラスチック材料の使用量を削減し、内部トレーには再生紙を使用するなど、環境に配慮したサステナブルパッケージを使用している。
 サイズは幅44.0×高さ98.15×奥行き15.5mmで、重さは約74g。
 同社は、「使い捨てプラスチックを排除し、プラスチック包装を2025年までにリサイクル可能にする」というサステナビリティ目標を掲げている。