サウザンドショアスは、自社ブランドの「iClever」から、リモートワークや外出先での作業に最適なBluetooth接続の折りたたみキーボード「IC-BK08SE」をAmazon.co.jpで発売した。

 「IC-BK08SE」は、タッチパッドを搭載した、スタンド一体式で折りたたみ可能なBluetoothキーボード。iPhone・iPadなどのiOSやMacOS、Windowsのほか、Android端末にも幅広く対応している。Bluetooth 5.1を採用しており、従来の製品と比べて転送速度や範囲が大幅に向上した。
 スマホサイズに折りたたむことができ、折りたたんだ状態でもわずか18mmの薄さで、スマホ感覚で気軽に携帯できるポータブルキーボードとなっている。また、折りたたむことにより、キートップやタッチパッド部分が保護されるため、持ち運び時の破損防止にもなる。専用収納ポーチが付いており外出時も安心。
 マウスのようにカーソル操作が可能なタッチパッドを搭載。デバイスに接続すればマウス操作をキーボードから行うことができる。また、タブレットやスマートフォンを立てかけられる一体式スタンドを使用することで、ノートパソコン同様の操作をすることができ、タイピングを快適に行うことができる。
 最大で3台のデバイスとのペアリングを登録しておくことが可能。登録されたデバイスは、Fnと各Bluetoothチャンネルキーを押すだけで素早く切り替えることができる。スマートフォンやタブレット、パソコンなど複数端末を利用している人におすすめだ。