たっぷりのクリームが挟まっていてコロンとしたフォルムが“萌えかわ”なマリトッツォは、見た目のかわいらしさから「インスタ映えする」と若い世代に人気のスイーツになった。人気が出過ぎて、整理券を配ったり1人当たりの購入個数を限定したりしている販売店もあるぐらいだ。アレンジも自由自在なマリトッツォの魅力に迫ってみよう。

●マリトッツォが人気なわけ


 今回注目するのはイタリア・ローマの伝統菓子「マリトッツォ」である。コロンとかわいいパンに、これでもかというほど生クリームがたっぷり入っている。見た目で度肝を抜かれるが、パンとクリームだけのシンプルな材料が日本人ウケしている。
 コロンとしたフォルムが萌えかわなマリトッツォは、ストレスが溜まるおうち時間で癒やしを与えてくれる。

●マリトッツォの材料はとってもシンプル


 マリトッツォは、ブリオッシュというパンを使用している。一般的なパンに比べて、バターや牛乳、砂糖、タマゴを多く配合している高級パンとして知られる。生地はタマゴを沢山使っているため、黄色なのが特徴的だ。
 こんなにもシンプルな材料から作られているマリトッツォがなぜ人気なのか?それは、逆にそのシンプルさが日本人の好みとマッチし、かわいいものに目がない若者世代の目に留まって人気がでたのではないか。
 また、パン屋やケーキ屋でも人気の商品となっている中、普段から利用する身近なコンビニでも取り扱いが増えたことが人気の火付け役になったのだろう。

●セブン‐イレブンとローソンのマリトッツォを比較


 ここではセブン‐イレブンとローソンで販売しているマリトッツォを比較してみよう。同じマリトッツォでも、コンビニが違うと味や見た目にも変化がある。
 基本の材料は変わらないが、各社のアレンジが効いていて食感が全く違う。コンビニは全国展開しているので、地域限定の味などを探すのも面白い。コンビニでマリトッツォを買う際の参考になればうれしい。

●セブン‐イレブンのマリトッツォ


 セブン‐イレブンのマリトッツォは、歯切れのいいブリオッシュを使用している。練乳入りの生クリームがたっぷり入っている。
 生クリームは甘めだがクドさを感じず、さっぱりと食べられる。セブン‐イレブンのマリトッツォはふわっふわなクリームが特徴的だ。
 生クリームの間にはカスタードクリームも入っているので、生クリームだけとは違いアクセントがあって味の変化が楽しめる。歯切れのいいパンに甘めのクリームが絶妙のスイーツだ。
 たっぷり入っている生クリームのおかげか、カロリーは高めの314kcal。罪悪感を感じずにはいられない数字だが、自分へのご褒美として食べるのなら、ここはカロリーのことを気にせず心置きなく食べたい。
 なお、セブン‐イレブンのマリトッツォは、地域限定味も販売している。

●ローソンのマリトッツォ


 ローソンのマリトッツォは、ふんわり生地のブリオッシュを使用している。本場のブリオッシュに近く、生地は通常のパンより卵を多めに使っていることがわかる黄色だ。
 クリームにはマスカルポーネが加えられているので、しっかりとした硬めのクリームだがとてもあっさりして軽い食感で食べやすい。生クリームには、たっぷりのバニラシードが入っていて見た目にも高級感がある。
 アクセントのヘーゼルナッツチョコが、クリームだけのマリトッツォを大人な味へと変化させている。ローソンのマリトッツォは、軽い食感であっという間に完食できてしまうが、カロリーは358kcalもある。
 コンビニスイーツでここまでクオリティの高いのだから、カロリーのことは気にせずに食べてほしい。見た目とは違って、甘いものが苦手な人でも食べられるほど軽い食感だ。

●セブン‐イレブンとローソンのマリトッツォをアレンジ


 そのままのマリトッツォでももちろん美味しいが、アレンジを加えるとさらに美味しくフォルムが「萌え〜」なマリトッツォに早変わりする。
 シンプルなマリトッツォは自分好みにアレンジが自在だ。自分だけのマリトッツォを作ってみてはどうだろうか。インスタ映え間違いなしのマリトッツォアレンジも試してみてほしい。

●フルーツで萌え断マリトッツォ


 マリトッツォに好きなフルーツを加えるだけで簡単にアレンジできる。フルーツを加えるだけでビジュアルからも美味しさが伝わる。フルーツの酸味のアクセントは、また一味違う食感を生みだす。
 フルーツを加える際も断面を意識したい。一種類だけでも良いが、いくつか好きなフルーツでカラフルに埋め尽くしても良いだろう。
 フルーツが加えられた断面は、インスタ映え間違いなしのビジュアルになるだろう。

●ティラミス風マリトッツォ


 ローソンのマリトッツォは、クリームにマスカルポーネが加えられているので上からココアパウダーを振りかけるだけで「ティラミス風マリトッツォ」に早変わりだ。
 もっと本格的にしたいなら、インスタントコーヒーをお湯で濃い目に溶かしてブリオッシュに塗ると簡単に「ティラミスマリトッツォ」が完成する。
 大人なほろ苦いティラミス風マリトッツォのアレンジもおすすめだ。

●かわいいだけじゃないマリトッツォ


 ストレス社会の今、甘いものが癒やしの存在になる。マリトッツォは、ただ甘いだけのスイーツではない。見た目でも癒されるコロンとかわいらしいフォルムが何とも言えないのだ。
 そして、マリトッツォは、コンビニで手軽に買えるスイーツでもある。見た目ほどのクドさはなく、さっぱり食べられる。1個300円ほどで購入できるので、旬のフルーツをアレンジして加えながら、見た目も味も最高に仕上げてほしい。(GEAR)