ファーストキッチンは12月15日から、顔認証決済の実証実験を一部の店舗で開始する。コロナ禍により、安心安全を確保した接触機会を減らすため、利便性の高いキャッシュレス化に取り組んでいく。
 

 実証実験の期間中は、「顔登録者様専用VIPクーポン」も用意。また、アプリ会員専用クーポンもクーポン番号を入力せずに利用可能となる。事前に顔登録をすれば、スマートフォン(スマホ)を持たなくても、顔ひとつで、お得なクーポンを利用して、決済までスムーズに注文・会計が可能となる。
 今回の実証実験では、セルフレジでより快適な利用環境を実現するために、顔認証決済を導入することで、顧客の注文時、支払い時のストレス軽減と利便性の向上を検証する。
 具体的には、12月1〜14日は関係者を対象に、ウェンディーズ・ファーストキッチン赤坂見附店で先行実証実験を行う。顔認証決済を用いることで、利用者は、手ぶらで注文から会計ができる環境を最終確認する。
 12月15日〜2022年2月28日は、一般の顧客へ対象を広げ、店舗もウェンディーズ・ファーストキッチン赤坂見附店、ウェンディーズ・ファーストキッチン渋谷センター街店、ファーストキッチン自由が丘店の3店舗に拡大し、一般の顧客にも体感してもらう。また、実証実験に参加してもらうささやかな気持ちとして、顔認証登録者用VIPクーポンを用意する。
 この実証実験を通じて、セルフレジでの注文時間の短縮や、より満足感の高い顧客サービスを実現するために、顧客の来店履歴、購買履歴、推定される属性を取得する。なお、カメラデバイスの映像は、特徴を示すデータを抽出後、即時破棄する。また、取得したデータに個人を特定する情報は一切含まない。