楽天モバイルは、「AQUOS sense」シリーズで初めて「IGZO OLEDディスプレイ」を採用し、長時間の電池持ちを実現しながらもスタイリッシュなデザインを両立した、第5世代移動通信方式(5G)対応スマートフォン「AQUOS sense6」を11月11日に、「楽天モバイル」公式サイト、「楽天モバイル公式 楽天市場店」、「楽天モバイルショップ」で発売した。
 

 AQUOS sense6は、楽天モバイルの5Gサービスエリアで、5Gサービスを利用することができる。約6.1インチのディスプレイにAQUOS senseシリーズで初めて、10億色を鮮やかに表現するIGZO OLEDディスプレイを採用し、4570mAhの大容量のバッテリを搭載しながらも、従来モデルより薄型・軽量化したスタイリッシュなデザインを実現している。
 また、IGZO OLEDディスプレイは省電力性能にも優れており、大容量のバッテリとの組み合わせによって、外出時も電池残量を気にせず利用できる長時間の電池持ちを可能にするほか、120Hzのタッチレスポンスによる、滑らかな操作が可能。さらに、背面の最大約4800万画素の標準、広角、望遠カメラからなる3眼カメラは、夜景や人物、料理など様々な被写体を自動で認識し、容易に綺麗な写真を撮影できる「AIオート」や、背景をぼかして撮影できる「背景ぼかし」、撮影時に手ぶれしてしまった写真を後から補正できる「ブレクリーナー」など写真撮影に便利な機能を搭載している。
 このほか、指紋、顔による生体認証やおサイフケータイ、ハイレゾオーディオ、防水(IPX5・IPX8)・防塵(IP6X)性能も備えており、日常生活に便利な機能が充実している。なお、同製品は、nanoSIMとeSIMに対応したデュアルSIM仕様のSIMロックフリー製品となる。
 価格は3万9800円。