ファーウェイ・ジャパンは12月3日に、同社としては日本初投入となる体組成計「HUAWEI Scale 3」を発売する。価格はオープンで、実勢価格は4620円。

 HUAWEI Scale 3は、体重、BMI、体脂肪率、除脂肪体重、骨格筋量、体内水分率、タンパク質、骨ミネラル量、内臓脂肪、基礎代謝量、心拍数の、11種類の身体指標を計測可能で、包括的な身体の状態やさまざまな変化がわかる体組成計。
 本体は、強化ガラスを使用したシンプルで飽きのこないデザインで、裏面の4隅にシリコンゴムを配置し、安定して計測できるようになっている。また、高温・低温保存試験や落下試験などによって、製造工程全体で安全性や信頼性を厳しくチェックしている。
 専用アプリ「HUAWEI Health」を使用すれば、より詳細な体組成分析が可能で、物理学研究所とファーウェイが共同開発した体組成モデル「HUAWEI TruFitTM」によって、ビッグデータとAI技術を駆使した精緻な情報と、よりよい結果を得るためのアドバイスを提供する。
 さらに、本体を無線LANに接続すれば、HUAWEI Healthアプリを起動することなく自動で体重を記録、過去のデータに基づいて家族を自動的に識別してくれる。すべての記録は自動でクラウドにアップロードされ、あらかじめ登録した関連アカウントへ送信される。また、測定後にデータを削除するゲストモードも用意している。
 電源は単4形アルカリ乾電池×4本で、駆動時間は約180日。対応無線通信は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANと、Bluetooth 5.0 BLE。サイズは幅300.0×高さ23.6×奥行き300.0mmで、重さは約1.57kg。