【話題のニュースダイジェスト】 2021年11月26日〜12月2日の期間、「BCN+R」のニュースで最も注目を集めたのは、Twitterで話題になったSixTONESの「メガネの人」に関する記事だった。また、「築地銀だこ」運営会社の新業態「野郎めし」や、神戸のホテルで提供している「サーロインステーキ食べ放題ランチ」の注目も高かった。

●SixTONESの「メガネの人」が話題に 「カムカムエヴリバディ」で“推し”になったファン驚愕!?


【いま注目のトレンドワード・69】 Twitterでは日夜さまざまなトレンドワードが浮上しており、11月17日には「メガネの人」というフレーズが話題に。メガネをかけた人は世に大勢いるが、当事者がジャニーズアイドルとなればSNS上を騒然とさせたのも無理はないだろう。
 発端となったのは11月17日に放送された「ベストアーティスト2021」。多くのアーティストがステージを彩る中、“メガネ姿”で熱いパフォーマンスを披露したのがSixTONESの松村北斗さんだ。他のメンバーと同様に衣装は黒を基調としながら、6人中唯一のメガネスタイル。細身のフレームであまり目立ちはしないものの、ファンの視線を釘づけにする結果となった。

●「築地銀だこ」の運営会社が新業態「野郎めし」をオープン


 築地銀だこを展開するホットランドは11月26日、新業態「野郎めし」を群馬県太田市にオープンした。
 野郎めしは、人々に「食」を通じて「活力あふれる毎日を!」というコンセプトから誕生した新業態で、食欲をかき立てる“絶品おかず”を、ごはんと一緒に“豪快に”、“腹いっぱい”食べることができる店となっている。同店おススメの「絶品 しょうが焼定食」は、食べ応えのある豚肩ロースを使用し、“すりおろしと千切り”の2種類の生姜を使い分けることで香りと旨味を引き立たせ、食欲そそる味付けに仕上げた。山盛りの千切りキャベツに、あふれんばかりのしょうが焼を盛り付けて提供する。

●今再び「ガンプラ」がアツい、進化したガンプラと最新工具を一挙紹介!


【木村ヒデノリのTech Magic #082】 80年代生まれの男子にとってガンプラは外せない存在だ。当時はSDガンダムからBB戦士など、プラモデル全盛期だった。筆者の同級生には保存用と組み立て用の毎回2個を購入するような猛者もいたくらいだが、安価に買えるプラモデルが男子の間で流行していたのは事実だ。
 そんなガンプラが今再びブームになっている。当時と違うのはプラモデルそのもののクオリティと工具の進化で、作り方の情報量が圧倒的に多いのもユーザーの興味を掻き立てている。今でもプラモ製作を続けている方には当たり前かもしれないが、最近まで業界を離れていた筆者が驚いた進化の数々を記事で紹介している。

●ドコモの「ギガプラン上限設定オプション」、1・3・5GBから自由に設定可能に


 NTTドコモは、2019年10月1日以降に契約した料金プラン「5Gギガライト/ギガライト」に限り、月間データ量の上限をステップ1(1GB)に固定する「ギガライト上限設定オプション」を21年3月1日から提供していたが、8月30日から設定可能なステップを拡大。現在はステップ1から3、月間1・3・5・7GB(上限設定なし)の間で自由に設定できる。
 オンライン手続きのMy docomo、ドコモショップ、ドコモ インフォメーションセンターで受け付け、利用は無料。ただし、新規契約時や下位ステップへの即時変更は不可、申込翌月から適用となる。
 このオプションを従量課金制のギガライト、5Gギガライトの回線に設定すると、設定した容量を超過すると自動で速度制限がかかり、音声通話、キャリア決済(携帯電話料金合算払い)を利用しない場合、利用料金は確実に一定の価格帯に抑えることができる。また、最小容量のステップ1の上限は1GBだが、「ドコモのロング学割」(新規申込終了)適用中は「+2GB特典」適用で上限3GBとなる。同様のオプションは他の大手キャリアにはなく、ドコモ独自の特徴となっている。

●神戸のホテルで「サーロインステーキ食べ放題ランチ」! 2カ月間のロング開催


 神戸三宮東急REIホテルは、12月1日〜2022年1月31日までレストラン「トリコ」(1F)で「サーロインステーキ食べ放題ランチ」を販売している。
 「サーロインステーキ食べ放題ランチ」は、赤身の美味しさに定評のあるオーストラリア産のサーロインを使用し、約150gにカットしてステーキに焼き上げる。淡路島産玉葱のスライスの上にステーキを置き、フライドポテト、数種類の野菜を付け合わせて、熱々の鉄板で提供する。価格は2500円。なお、2022年1月1日から3日の期間中のみ2800円となる。