【いま注目のトレンドワード・74】 Twitterのトレンドを飾るワードの中には、思わず目を引くような気になる言葉がたくさんある。例えば12月8日にトレンド入りした「ルーズソックス役」。言葉の意味こそわかるものの、「誰が」「どうして」「何のため」に“ルーズソックス役”を演じたのか多くの人が気になるはずだ。ましてやこのルーズソックス役を演じたのが、今をときめく人気アイドルグループ・Snow Manの渡辺翔太さんと知ればなおのことだろう。

 渡辺翔太さんがルーズソックス役を演じたのは、12月8日放送の「擬人化バラエティ ヒトなら」。同番組では気になるニュースやヒット商品などを擬人化し、あまり知られていない裏側や話題になるまでの道のりをドラマ仕立てにして学んでいく。
 そしてこの日の放送では、「なぜ今、ルーズソックスのブームが再燃しているのか?」を銀行員ドラマで擬人化。JK靴下銀行の顧客獲得に向けて日々邁進する新人として、渡辺さんが演じていたのがルーズソックスだった。
 “ルーズソックス役”というだけでもかなりインパクトのある話だが、極めつけは渡辺さんの足元。上半身はビシッとスーツを着ているのに対し、下は半ズボンにルーズソックスという奇抜なスタイルを決めていた。
 これには視聴者たちも大爆笑のようで、ネット上でも「待って。ルーズソックス役って何(笑)」「しょっぴーのルーズソックス役とかおもしろすぎるでしょ」などとたちまち話題に。また渡辺さんのルーズソックス姿に対しても、「まさか推しが令和にルーズソックスを履く日が来るとはwww」「足にばっか目が行っちゃう」といった反響が広がっている。
 恐らく人類初であろう“ルーズソックス役”に挑戦した渡辺さん。次はいったいどんな役柄を演じて、Twitterを盛り上げてくれるのだろうか。(フリーライター・井原亘)
「ルーズソックス役」だけじゃない! 是非チェックしたいその他トレンドワード
・マツケンアリマ66
・ルックバック
・杉田中村
・SixTONES21
井原亘
元PR会社社員の30代男性。現在は流行のモノや現象を追いかけるフリーライターとして活動中。ネットサーフィンとSNS巡回が大好きで、暇さえあればスマホをチェックしている