三井住友カードは12月16日、探し物トラッカー「Tile(タイル)」機能を搭載した世界初のVisaカード「三井住友カード Tile」の予約を開始した。まずは初回1500枚の先行予約受付を行い、2022年1月中旬以降に順次発行する。初回発行分は22年1月14日までの予約が必要。予約が1500件を超える場合は抽選となる。

 三井住友カードは、世界で累計4000万個の販売実績を持つ探し物トラッカー「Tile」の日本総代理店であるSB C&Sと業務提携。ユーザーにとって大きな懸念材料になっていたカードの紛失や盗難に対する不安を払拭することを目的に、「Tile」機能を搭載したVisaカードを共同開発した。
 スマートフォンと「三井住友カード Tile」の接続が切れた場所をアプリで確認することで、同カードを紛失した場所を確認することが可能。また、同カードを財布に入れておくと、財布を落とした時でもTile機能を使って財布ごと見つけることもできる。
 カードには物理スイッチとスピーカーを搭載。カードとスマートフォンがBluetooth圏内にあれば、スマートフォンのボタンを押すとカードが鳴り、カードのスイッチを押すとスマートフォンを鳴らすことができる。部屋やバッグの中でカードやスマートフォンが見つからない場合、このスイッチを押せば音で見つけやすくなる。また、スマートスピーカーにも対応。スマートスピーカーに呼びかけてカードの音を鳴らすといった使い方もできる。
 サイズは従来のクレジットカードと同じで、薄さ0.76mmのカードに超薄型バッテリを内蔵。バッテリは1000回以上の屈曲テストをクリアしている。新開発のEMVチップは充電端子も兼ねており、付属の専用充電器でフル充電した場合、最長半年間の利用することができる。充電が切れた状況でもクレジットカード機能の利用には影響はない。ICチップを備え、タッチ決済にも対応する。
 対応OSはAndroid 8.0以降、iOS 13.0以降。Bluetooth標準規格Ver.4.0以上に対応する。カード発行手数料は5500円。年会費は1375円(初年度無料)。対象は高校生を除く満18歳以上。
 三井住友カード会員決済データによると、新型コロナウイルス感染症が流行している状況下でコンビニ、スーパーなど日常利用業種をはじめクレジットカードの利用が大きく伸長した。決済件数は全体でコロナ前の2019年対比30%増加となり、クレジットカードが日常生活へますます浸透してきたことを裏付けている。