ダスキンは、運営するミスタードーナツにおいて、2022年3月1日より一部商品の価格改定を実施すると発表した。今回の値上げ対象は、ドーナツ、パイ、マフィンの各商品。

 同社は、商品の主原料である小麦粉や食用油などの原材料が高騰していること、食材の調達コストや物流費などの諸経費も上昇していることを挙げ、コスト増加などを吸収すべく合理化に努めたが、内部努力で吸収することが困難な状況になったことが、値上げの主要因としている。現在の品質を維持しながら安定して商品の提供を続けていくため、一部の商品の値上げに踏み切る。
 値上げは、ドーナツ27商品、パイ4商品、マフィン2商品の計33商品。値上げ幅は、単品で各10円(本体価格)、ドーナツポップは個数により20〜50円(同)を予定、ドーナツ「ポン・デ・リング」「フレンチクルーラー」は現在110円が120円に、税込みの持ち帰り価格は129円になる。価格改定商品を含むセット価格も変更になる。
 対象ショップは、ミスタードーナツ全店およびMOSDOイオンモール広島府中店。22年3月1日の営業開始時から改定価格が適用される。