マネックス証券と新生銀行グループ(新生銀行・新生証券)は2021年1月27日の金融商品仲介業務における包括的業務提携に基づき、22年1月4日から新たな連携サービスを開始した。

 新生銀行による、顧客に対する株式関連サービス(国内株式、米国株式)、投資信託関連サービスの勧誘・販売・アフターフォローのほか、「マネックス証券・新生銀行間の即時入出金」と「新生銀行からマネックス証券への外貨即時入金」を提供する。
 メインの金融商品仲介、マネックス証券から新生銀行への外貨おまかせ出金、新生銀行からマネックス証券へのシングルサインオンなどは、新生銀行仲介の場合のみ。
 またマネックス証券は、22年2月下旬から、アプラスが発行するマネックスポイント(dポイントやPontaポイント、Tポイントなどに交換可能な独自のポイント)がたまる提携クレジットカード「マネックスカード」によるクレジットカード払いによる投資信託の積立購入サービスを開始。NISA・つみたてNISA口座にも対応する。SBI証券・三井住友カードが「クレカ積立」と名付けたサービスは、SBI証券×三井住友カード、楽天証券×楽天カードに続き、マネックス証券×マネックスカードで3社目となる。