スターバックス コーヒー ジャパンは、1月19日からスターバックスバレンタインをスタートする。第1弾は、ホイップクリームからカップの中まで生チョコレートを使った「トリプル 生チョコレート フラペチーノ」、「ダブル 生チョコレート モカ」の2商品を全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)で発売する。

 2022年のスターバックスバレンタインは、自分へのご褒美としても、大切な人と一緒でも、本気でチョコレートを味わってほしいという想いを込めて、本格的なチョコレート感を商品に詰め込んだ。第1弾では、ボディーからホイップクリームまで、生チョコレートを使ったチョコレートフルなフラペチーノとホットビバレッジを販売する。
 トリプル 生チョコレート フラペチーノは、本格的な生チョコレート感にこだわった。ホイップクリーム、ボディー、トッピングに生チョコレートを使用。チョコレートの香りと、口どけ良くなめらかでとろけるような舌触りを楽しめるフラペチーノに仕上げた。見た目もチョコレート色のグラデーションで仕上げられた、バレンタイン気分満載のチョコレートフルな1杯となっている。
 ダブル 生チョコレート モカは、チョコレートとエスプレッソのハーモニーにこだわった、バレンタインならではの特別なカフェモカ。チョコレートフレイクを抽出したてのエスプレッソで溶かし、バリスタが1杯ずつスチームしたミルクを合わせた。トッピングの生チョコレートホイップとチョコレートフレイク、生チョコレートソースの風味やとろける舌触りを楽しめる。
 第2弾として1月26日からは、ホワイト生チョコレートと焼きホワイトチョコレートを使った優しい甘さと食感が楽しい「ベイクド&クリーミー 生ホワイトチョコレート フラペチーノ」も登場する。
 ベイクド&クリーミー 生ホワイトチョコレート フラペチーノは、フラペチーノのボディー部分に、ホワイト生チョコレートと焼きホワイトチョコレートを使い、優しい甘さと軽やかな食感を演出した。そして、カップ全体に模様を描くように注ぐホワイトチョコレートソースに使った隠し味は、なんとコーヒー。優しいミルクの風味の輪郭をくっきりとさせ、美味しさがより一層際立つ。2つのホワイトチョコレートの優しい甘さを存分に楽しむことができる。
 価格は、トリプル 生チョコレート フラペチーノ(Tallサイズのみ)が持ち帰り668円、店内利用680円。ダブル 生チョコレート モカ(Hot)は、持ち帰りがShort 501円、Tall 540円、Grande 579円、Venti 618円、店内利用がShort 510円、Tall 550円、Grande 590円、Venti 630円。販売期間は1月19日から2月14日まで。「ベイクド&クリーミー 生ホワイトチョコレート フラぺチーノ」(Tallサイズ)は、持ち帰り668円、店内利用680円。販売期間は1月26日から2月14日まで。
 なお、レジに並ばず事前に注文決済ができる「Mobile Order&Pay(モバイルオーダー&ペイ)」の利用で、トリプル 生チョコレート フラペチーノ、ダブル 生チョコレート モカの2商品を1月17日から、ベイクド&クリーミー 生ホワイトチョコレート フラぺチーノを1月24日から先行して購入できる。一足早くスターバックスのチョコレートフルなバレンタインの新作を楽しめる。