CLASSICは4月27日、食いしん坊のための雑誌『dancyu』(プレジデント社・刊)の初プロデュースとなる新店舗「dancyu食堂」を、東京駅の新施設「グランスタ八重北(ヤエキタ)」内にオープンする。
 

 「dancyu食堂」は、“毎日通いたくなる”をコンセプトに昼は定食、夜は酒とつまみが楽しめる。生姜焼きをはじめとした、食堂の“普通に美味しい”定番メニューや、dancyu農園の野菜を使用した小鉢といった一つひとつの料理を、ストーリーとともに提供する。
 「生姜焼き定食」は、千葉県匠味豚を使用するとともに、あと引くおいしさを追求した数種の野菜や果実のすりおろしを加えたタレを合わせ、生姜の風味の中にも、野菜や豚肉の甘味を感じられる味わいに仕上げている。価格は1480円。
 「アジフライ定食」は、長崎県松浦市の真鯵を店内で捌き、オーダーが入り次第揚げたアジフライに、きゅうりのシャキシャキとした食感がアクセントの自家製タルタルソースを添える。価格は1480円。
 「焼売定食」は、3種類に挽き分けた国産豚を使用し、肉のゴロゴロとした食感と冷めても柔らかく食べられる美味しさを追求した肉焼売と、白菜やキャベツなどの優しく甘みのある味わいを楽しめる野菜焼売を1皿で楽しめる。価格は1100円。
 「きじ焼き定食」は、岩手県久慈市産種鶏を使用し、醤油ベースのタレで味付けして余分な油を落としながらじっくりと香ばしく焼き上げた。価格は1280円。
 「小鉢定食」は、焼売や関東風卵焼き、筑前煮といった全7品の小鉢を楽しめる。dancyu農園の野菜を使用するなど、dancyu食堂ならではの定食に仕上げている。価格は980円。
 営業時間は11時〜22時。