カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」から、新開発のモジュールと耐衝撃構造の採用によって薄型化を図った「MTG-B3000シリーズ」を5月14日に発売する。

 高密度実装技術により、“G-SHOCK”のソーラークロノグラフでは最薄となるモジュールを開発し、従来モデル「MTG-B1000」と比較してケース厚で2mm以上の薄型化を実現した。さらに、薄型のモジュールに加え、新たな耐衝撃構造を採用。カーボン繊維強化樹脂ケースでモジュールを保護し外側をメタルパーツで覆うことでメタルの質感を維持しながら軽量化を図った「デュアルコアガード構造」を進化させ、裏蓋がケース側面まで覆い、モジュールを保護する構造を備える。
 ステンレススチールの裏蓋は何工程ものプレス、切削、研磨を経て立体的な形状にし、ケース側面まで覆うことで、りゅうず・ボタンの保護やラグの役割を持たせた。これらにより、12.1mmのケース厚を実現し、装着性に優れたメタルモデルに仕上げた。バンド素材はソフトウレタンと、レイヤーコンポジットの2種類で、バンドカラーはグレー(ソフトウレタン)、レッド、グリーンの3色。
 機能面では、標準電波受信機能に加え、Bluetoothによるモバイルリンク機能を搭載。専用アプリ「CASIO WATCHES」と接続し、自動で正確な時刻情報に修正する。ソーラー充電システムや高輝度LEDライトも備えた。価格は「MTG-B3000B-1AJF(グレー)」が12万1000円、「MTG-B3000BD-1AJF(レッド)/MTG-B3000BD-1A2JF(グリーン)」が13万7500円。
 同時にMTG-B3000向け交換用バンドを発売する。価格は、ブラックカラーのソフトウレタンバンド「BANDGS52P-1JR」が1万6500円、ブラックIPを施したステンレスとファインレジンパーツを組み合わせたレイヤーコンポジットバンド「BANDGS52D」が3万3000円。