【いま注目のトレンドワード・111】 漫画家・うすた京介先生の連載デビュー作にして、代表作でもある伝説のギャグ漫画『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!! マサルさん』(以下、『マサルさん』)。去る5月16日、その『マサルさん』がTwitterのトレンド入りに。どうやら「ZIP!」で風間俊介さんが同作の魅力を語り、そのプレゼン内容が注目を集めたらしい。

●『マサルさん』作者のうすた京介先生も番組に反応


 朝の情報番組「ZIP!」では、曜日パーソナリティーが好きなものをプレゼンするコーナー「プレゼンZIP!」が実施されている。月曜パーソナリティーを務める風間さんは毎週自身のイチオシ漫画を紹介しており、過去には『ぼくの地球を守って』や『YAIBA』などもプレゼンしていた。
 だが、今回取り上げた『マサルさん』に関しては、なぜかほとんどその内容に触れていない。触れていないというより説明できないといった感じで、同作について風間さんは「正直どうプレゼンしていいものか、今も迷っております」「あらすじとか紹介するのも無粋ですし、私からは読んでみてくださいとしか申し上げることができません」「僕の説明能力を遙かに凌駕したギャグ漫画」と説明している。
 というのも同作は、シュールすぎるがゆえになかなか説明しづらい作品。だからこそ風間さんのプレゼンらしからぬプレゼンに共感の声が相次いだようで、ネット上には「風間さんのプレゼン力を持ってしても“説明しづらいからとにかく読んでほしい”になるのか」「確かにあの面白さは読んでくれとしか言いようがない」「ある意味『マサルさん』をよく言い表した説明」といったコメントが後を絶たない。
 ちなみに今回の一件については作者のうすた京介先生も反応しており、「25年も前の漫画をありがとうございます」と感謝の気持ちをツイートしていた。風間さんですら説明できない本作の内容。気になる方は、ぜひその手に取ってみてほしい。(フリーライター・井原亘)
「マサルさん」だけじゃない! 是非チェックしたいその他トレンドワード
・神木くん
・デス鮭ハンター
・#ケンタ好きすぎ伝説
・きしひら表紙
■Profile
井原亘
元PR会社社員の30代男性。現在は流行のモノや現象を追いかけるフリーライターとして活動中。ネットサーフィンとSNS巡回が大好きで、暇さえあればスマホをチェックしている