カプコンは2023年、「ストリートファイター」シリーズのナンバリング最新作となる『ストリートファイター6』を、PlayStation 5、PlayStation 4、Xbox Series X|S、Steam(PC)向けに発売する。価格は未定。

 『ストリートファイター6』には、同シリーズおなじみのキャラクターである「リュウ」や「春麗」とともに、新キャラクター「ルーク」や「ジェイミー」が登場する。
 新キャラクターのルークは、米軍特殊部隊上がりの民間軍事会社コントラクターで、OD(オーバードライブ)フラッシュナックル初段から派生する強力な投げ技「DDT」や、ODサンドブラストから続けて衝撃波を飛ばす「フェイタルショット」などを得意技としている。
 同じく新キャラクターであるジェイミーは、「中華街のトラブルバスター」を自称し、瓢箪(ひょうたん)を取り出して気を開放する薬湯を飲む技「魔身」や、前ジャンプ中に蹴りを突き出しながら急降下する「無影蹴(酔いLv1以上)」、体勢を逆さにした状態で滑るように回転連続蹴りを繰り出す「爆廻(酔いLv2以上)」などを使用する。
 バトルシステムとしては、ドライブゲージを使用して5種類のバトルシステムを活用することで、戦術の自由度が上がり、プレイヤーの個性を引き出せる「ドライブシステム」が新たに実装される。
 バトルの駆け引きや爽快感をより手軽に楽しめるよう、コマンド入力の壁を取り払った新しい操作方法である「モダンタイプ」も実装され、一つの方向キーと「必殺技ボタン」の組み合わせだけで必殺技を出すことができる。また、「アシスト」ボタンも追加され、攻撃ボタンと組み合わせることによって、華麗なコンボが繰り出せる。なお、従来の6ボタンで入力可能な「クラシックタイプ」操作も引き続き用意されている。
 さらに、eスポーツにおいて戦況を誰にでもわかりやすく、かつドラマチックに解説し、試合をより一層盛り上げる「実況」に着目し、シリーズでははじめて「自動実況機能」が実装される。同機能では、おなじみのキャスターたちがリアルタイムで実況し、まるで大会に出場しているかのような臨場感を味わえる。
 第1弾の発表では、日本語実況でも有名なアール氏と英語実況のVicious氏の出演が発表されており、今後も追加のキャスター陣発表を予定している。
 ゲームモードは、従来の対戦格闘である「ファイティンググラウンド」のほかに、1人用の没入型ストーリーモードであり、オリジナルアバターで「ストリートファイター」世界を体験できる、格闘ゲームのジャンルを超えた遊びを提供する「ワールドツアー」、オンラインによるコミュニティスペースでさまざまな人との交流が可能で、さまざまな遊び要素を用意する「バトルハブ」が追加される。