高島屋は6月8日に、住信SBIネット銀行が提供する「NEOBANK」を活用した、新たな金融サービス「高島屋ネオバンク」の提供を開始した。

 高島屋ネオバンクは、高島屋グループが提供する商品・サービスに銀行機能を追加したサービスで、高島屋の利用客に向けた住信SBIネット銀行の専用支店であり、口座を開設すると専用の「高島屋ネオバンクアプリ」上で銀行取引が可能になるとともに、高島屋での買い物に使える積立サービス「スゴ積み」も利用できる。
 銀行機能としては、預金機能(円貨預金、外貨預金、外貨積立など)、決済機能(振込、振替、スマホデビットなど)、融資機能(カードローン、住宅ローン、教育ローンなど)に対応しており、スマートフォン上で口座開設から銀行取引まで完結させられる。
 キャッシュカードの代わりに、スマートフォンアプリを使ってATMでの取り引きが可能な「アプリでATM」も利用でき、生体認証によって高度なセキュリティを実現している。なお、ATMの利用は入金・出金合わせて月5回まで手数料無料となる。
 「スゴ積み」は“高島屋のスゴイ積立”の略で、毎月一定金額を12カ月間積み立てると、1カ月分のボーナスをプラスした「お買物残高」が「高島屋ネオバンクアプリ」にチャージされる。また、積み立て満期後の残高は、国内の高島屋店舗、または高島屋オンラインストアでの買い物に使える。
 毎月の積立金額は、「5,000円コース」「10,000円コース」「30,000円コース」「50,000円コース」「100,000円コース」の5つを用意する。