サントリー食品インターナショナルは5月14日に、「サントリー天然水」のブランド体験型施設「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場」を、一般の来場者向けにオープンした。

 2021年5月に生産を開始した長野県大町市の「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場」は、山梨県の南アルプス、熊本県の阿蘇、鳥取県の奥大山に続く第4の水源となる。当初は、21年春の一般向けオープンを予定していたが、新型コロナ禍の影響で延期となり、今春のオープンに至った。
 同工場では、生産拠点という役割に加えて、「サントリー天然水」や「北アルプス」水源、水の大切さについて楽しく学び、その魅力を五感で感じられる、ブランド体験型施設となる。
 予約制の工場見学ツアー(無料)では、シアタールームやサントリー天然水の製造工程を体感できるような展示を見学でき、さらに工場内に併設した「みずのわカフェ」(期間限定)で天然水仕込みのクラフトソーダや地元の食材を用いたホットドックなどを、工場内の広場で一休みしつつ楽しめる。カフェでは、夏限定の「北アルプス天然水のかき氷も提供する。
 営業時間は9時30分〜16時30分(最終入場は15時30分)で、月曜・火曜・工場休業日などは休業。工場見学ツアー「サントリー天然水〈北アルプス〉未来へつづくものがたりツアー」、フィールド自由散策の8月3日〜31日見学分は、7月1日9時30分から受け付ける。予約は当月を含む2カ月分を受け付け、予約枠に空きがあれば前日まで予約できる。