まだコロナ禍が続いているが、今夏のお盆休みは、昨年、一昨年に比べ、実家への帰省、宿泊を伴う旅行・日帰り旅行も多そうだ。どこにも行く予定のない人、帰省中は手持ち無沙汰な人は、その空き時間を利用して今まで登録していなかったキャッシュレス決済サービスを登録したり、後回しにしていたスマートフォン(スマホ)決済サービスの本人確認を行ったりしてはどうだろうか? 本人確認は手順に沿って手続きするだけで完了するので、今回は初めての登録やチャージでお得なキャッシュレス決済サービスのキャンペーンをまとめた。

●d払い(ドコモ)


 NTTドコモは、今年5月13日から「d払いファミリー紹介プログラム」を開始した。終了日は未定で、プログラム終了の2カ月前に告知する。
 「ファミリー割引」適用中のドコモ回線契約者が、同一割引グループ内の家族に、ドコモのスマホ決済サービス「d払い」を紹介し、紹介されたユーザーが初めてd払いで1回600円以上決済すると、双方にdポイント(期間・用途限定)で500ポイントを進呈する。紹介側は最大4人まで紹介でき、期間中最大合計2000ポイントもらえる。
 紹介にあたり、紹介側がWebサイトで紹介用URLを発行する必要がある。まだd払いを使っていないドコモ回線契約者は、この紹介プログラムを利用して500ポイントゲットしたい家族の紹介を待ち、紹介されてから使い始めるほうが得だ。自分から紹介してほしい旨をファミリー割引適用中の家族に伝えてもいいだろう。
 紹介してくれる人がいない場合やドコモ以外の通信事業者を利用している場合もエントリーの上、初めてd払いを利用すると、支払金額に応じて最大1000円分のdポイントが還元される「d払いをはじめよう!キャンペーン 第2弾」の適用で最大1000円分戻ってくるので、d払いを新たに使い始めるメリットはある。

●ファミペイ


 ファミリーマートの公式アプリ「ファミペイ」は、サービス開始3周年記念キャンペーンとして、ファミペイアプリ内のオンライン電子マネー「FamiPay(ファミペイ)」に初めてチャージを行い、ファミペイ払いで買い物すると、初めてチャージした月の翌々月末日まで5倍(通常1倍+期間限定4倍の計5倍)進呈する「初めてのチャージ&ファミペイ払いでファミぺイボーナス5倍進呈」「7月・8月の毎週金曜日はチャージの日」を実施している。
 「ファミペイボーナス5倍」は進呈上限がなく、ファミリーマート以外のファミペイ払いも対象。FamiPayは、FamiPay加盟店に加え、Smart Code加盟店でも使えるので、実はかなり多くの店舗で使える。一部のオンラインショップ、請求書でも利用できるので、FamiPayは、ファミペイアプリとセットで利用登録して損はないキャッシュレス決済サービスだ。
 ファミペイアプリにdポイント/楽天ポイント/Tポイントを初めて登録して、バーコードをスキャンしてファミリーマートで買い物すると、最大3カ月間、登録したポイントの付与が通常の5倍になるキャンペーンも実施中。同様のキャンペーンは過去にも何度も実施しており、ファミリーマートではdポイントカードなどポイントカード・アプリを直接提示してポイントをためるより、ファミペイアプリにポイントカード連携してポイントをためたほうがよりお得だ。

●TOYOTA Wallet


 一見、分かりにくいが、多彩な決済手段・チャージ方法に対応し、実は使い勝手のよいトヨタのキャッシュレス決済サービス「TOYOTA Wallet」は、引き続き「初回特典 TOYOTA WalletへのチャージでTOYOTA Walletの残高1,000円分プレゼント」を実施している。銀行口座またはクレジットカードから、初めて1回あたり5000円以上をチャージしたタイミングでTOYOTA Wallet残高1000円分がもらえるので、今回紹介したサービスで最もお得度は高い。
 TOYOTA Walletの残高はコンビニなどのiD加盟店に加え、iPhoneの場合、オンラインのApple Pay対応店舗・サービスでも使える。記者は主にモバイルSuica/PASMOへのチャージにTOYOTA Walletを利用していて、利用状況を一元管理できるので便利だと感じている。
 このほか、総務省が実施する「マイナポイント第2弾」に選択すると、抽選でポイントやチャージ残高が当たる「au PAY」「Suica」「WAON」も、マイナポイントキャンペーンにあわせて初めて登録を行い、メインのキャッシュレス決済サービスとして使い始めるメリットはあるだろう。この3サービスは、所定の条件を満たすとオートチャージも設定可能な事前チャージ型なので、クレジットカード固有の後払い式による使いすぎを気にする人にはおすすめだ。(BCN・嵯峨野 芙美)