東海電子は7月22日に、国土交通省の令和4年度・事故防止対策支援事業の補助金対象機器として、アルコール・インターロック装置が認定されたこと受けて、同日より、補助金申請の受け付けを開始している。

 国土交通省は例年、ASV(先進安全自動車)装置購入に係る費用の2分の1を支給する補助事業を実施しており、2022年からはASVカテゴリにアルコール・インターロック装置が加わった。
 補助金の金額と対象は以下の通り。
 今回、アルコール・インターロック装置が補助金の対象となったことで、「アルコール・インターロック付き新車トラック」や「アルコール・インターロック付きバス」を購入する運輸事業者様が増えることが期待される。
 補助対象は、4月1日〜11月30日の期間における、補助対象装置を搭載した事業用車両の購入(新車新規登録)で、次の募集期間に補助金交付申請書兼実績報告書が受け付けられたものが含まれる。なお、ASV予算には上限があるため、東海電子では早めの申し込みを呼びかけている。