ミラーレス一眼市場のメーカー別販売台数シェアで2022年7月第1週(22年7月4日-22年7月10日)、ソニーが35週ぶりにキヤノンを逆転した。市場家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」で明らかになった。

 それまでトップシェアだったソニーだが、21年11月に部材不足のため主力製品の受注を停止。11月以降キヤノンが首位に取って代わった。受注停止の影響は大きく、22年3月第3週にはOMデジタルソリューションにも抜かれ、ソニーは3位に転落。4月5週には10.3%までシェアを落とした。しかし、5月27日に「α6400」の受注を再開すると6月第1週には27.3%まで持ち直した。6月24日に「VLOGCAM ZV-E10」と「α7C」の受注も再開。6月第5週には、キヤノンを逆転して35週ぶりに首位を奪還した。7月第1週には40.1%を記録。40週ぶりに4割を超えた。
ソニーが失速している間、キヤノンは最高で46.6%を獲得するなど独走していたが、2強状態に戻った形だ。直近の7月第3週はソニーが32.4%、キヤノンが25.5%と、ソニーが4週連続で首位を守っている。
*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。
<% bcn_video1 %>