住友不動産が参加組合員として参画する東池袋一丁目地区第一種市街地再開発組合は、東京都豊島区東池袋一丁目で事業を推進する「東池袋一丁目地区第一種市街地再開発事業」について、7月6日に東京都知事から市街地再開発組合の設立認可を受け、7月25日に再開発組合を設立した。

 東京都豊島区東池袋一丁目地区は、特定都市再生緊急整備地域内に位置し、池袋駅北東側の明治通り(環状5号線)とJR鉄道線路敷に囲まれている。
 現状では、周辺で大規模未利用地や小規模敷地などが目立ち、有効利用がされていない状況であり、老朽化した建物の増加などによって、防災や防犯の面での課題を抱える。また、池袋の街全体としては大規模商業施設やアニメ関連の商業施設など多様な文化拠点があり、観光地としてのポテンシャルが高い一方で、周辺では体験施設や歩行者空間の不足といった池袋のまちの玄関口としての役割を十分に果たせていなかった。
 「東池袋一丁目地区第一種市街地再開発事業」では、土地の高度利用による都市機能の更新を図ることで、安全性を高めた歩行者空間の整備や地域の防災性向上を図りつつ、池袋の特徴であるアート・カルチャーの発信の拠点を創出し、国際性豊かなにぎわいのある拠点形成を目指す。
 同事業では、既成市街地および未利用地の更新を図ることによって、事務所・文化体験施設・イベントホールを備えた地上33階建、延床面積約15万5000平方メートルの大規模複合建築物を整備し、国際アート・カルチャー都市「池袋」の魅力向上に資する新たな文化・交流拠点を形成する。あわせて、文化体験施設と一体利用も可能な「みどりの丘」などを含む、合計約4900平方メートルの広場整備を行う。
 建物内には、豊島区が運行する「イケバス」の運行拠点(待機・充電スペースなど)を整備し、駅周辺の観光資源をつなぐバスネットワークを形成するなど、池袋駅周辺の回遊性の向上に取り組む。
 さらに、池袋駅から池袋駅前公園を経て計画地までを連続的に再整備することで、緑豊かな約500mの「みどりのプロムナード」を創出し、公園内には滞在や交流を促す「パークセンター」を整備するとともに、南北区道など周辺道路の美装化によって、安全で快適な歩行者ネットワークを形成する。
 そのほか、再開発建物内に帰宅困難者受入れスペース・防災備蓄倉庫を整備することで、地域の防災対応力の強化を図るとともに、建物の省エネルギー化・地域冷暖房の採用によってエネルギーの面的利用に取り組み、環境負荷の低減を推進していく。