カインズは、デジタル技術を活用し、レジを通らずに買い物が可能な店舗「CAINZ Mobile Store」をカインズ本社1階ロビーに設置し、9月1日から実証実験を開始する。同店舗の利用はカインズメンバー(従業員)限定とし、実証実験の結果を踏まえて今後の展開を検討する予定。

 「CAINZ Mobile Store」は、会計時のわずらわしさをなくし、スピーディーに買い物を楽しめるレジのない無人店舗。店舗入り口にあるゲートに専用アプリのコードをかざして入店し、買い物後、店舗出口から出ると決済が完了する。店内上部に設置されたカメラが客の動きを認識し、手に取った商品を判断、入店時に読み取らせたアプリで自動的に決済されるシステムとなっている。「CAINZ Mobile Store」の設置により、入店客は非接触かつ買い物にかかる時間を短縮でき、店舗側は省人化による効率向上を期待できる。
 同社では「新しいカインズをつくる」ことを目的とし、「ストレスフリー」「パーソナライズ」「コミュニティー」「エモーショナル」の四つの視点を目的としてデジタル戦略を進めている。とくに、「ストレスフリー」の点については、カインズアプリやピックアップサービスなど買い物時のわずらわしさ解消につながる施策を次々と生み出してきた。今回新しく始める「CAINZ Mobile Store」は、レジに並んで会計を待つ時間や買い物かごから買い物袋に入れ替える手間など、ちょっとしたわずらわしさを解消することができると考えている。
 なお、同店舗で使用している無人店舗ソリューションには、米AiFiが提供するテクノロジーを採用。複雑な人工知能(AI)システムと最先端のコンピュータヴィジョンのアルゴリズムを基盤にしている。これらで店内の人々の行動をリアルタイムで追跡し、どのような製品が手に取られ、再び棚に戻されるかをチェックできるほか、客の入退店も記録できる。