【いま注目のトレンドワード・159】 山田涼介さんが主演を務める10月スタートの新ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」。同ドラマの主題歌を山田さんも所属するHey! Say! JUMPが担当することが8月18日に発表され、Twitterでは「主題歌JUMP」が一時トレンド入りした。

●ドラマに歌とJUMPメンバーは大忙し


 Hey! Say! JUMPがドラマの主題歌を担当するのはこれが始めてではない。2020年放送の「キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木」や2018年の「トーキョーエイリアンブラザーズ」など、ほかにも数々のドラマ主題歌を歌っている彼ら。
 ではなぜ今回トレンド入りするまでの盛り上がりを見せたのかというと、どうやら「3期連続」でのドラマ主題歌だということに注目が集まったよう。
 実はHey! Say! JUMPは今年4月クールの「家政夫のミタゾノ」と7月クールの「純愛ディソナンス」でも主題歌を歌っている。ちなみに「家政夫のミタゾノ」には伊野尾慧さん、「純愛ディソナンス」では中島裕翔さんとどちらもHey! Say! JUMPのメンバーが出演したドラマだ。
 4月から続く主題歌抜擢に、ファンからは「今年ずーっと何かしらJUMPの曲が聞こえてきて嬉しい」「また主題歌JUMP! すごいよおめでと〜!」と驚きとともに喜びの声が上がっている。
 しかし一方では、「主題歌JUMPなのは嬉しいけど、JUMPのみんなちゃんと休んでね」「これはシングル来るよね? 大丈夫? JUMP忙しすぎない?」と多忙なメンバーを心配する声も。
 ドラマに歌、さらにはバラエティ番組出演と活動の幅が広いHey! Say! JUMP。忙しいのは人気の証拠だが、ファンのためにもくれぐれも体調には気をつけてもらいたい。(フリーライター・井原亘)
「主題歌JUMP」だけじゃない! 是非チェックしたいその他トレンドワード
・#宮舘ラヴィットで黒髪に
・めめドラマ
・声優vs馬
・恭平くん
■Profile
井原亘
元PR会社社員の30代男性。現在は流行のモノや現象を追いかけるフリーライターとして活動中。ネットサーフィンとSNS巡回が大好きで、暇さえあればスマホをチェックしている