ヤフーは、ユーザーが不動産ポータルサイト「Yahoo!不動産」で対象物件となる新築マンションの資料請求や見学予約をした後に成約、必要書類アップロードとアンケートに回答すると1万円相当のPayPayポイントをプレゼントする取り組みを、10月4日に開始することを予定している。

 新型コロナウイルス感染症の影響で在宅勤務が広がる中、新築マンションの需要が高まっているという。不動産経済研究所によれば、2021年に全国で発売された新築マンションの平均価格は5115万円と、1973年の調査開始以来の最高値を更新し、初めて5000万円を超えたとのこと。地域ごとでも、首都圏の新築マンションの1戸当たりの平均価格は6260万円と過去最高を記録したという。
 このような新築マンション需要の高まりに対して、ヤフーではYahoo!不動産を通じてユーザーがお得に住まい探しができるよう、これまで期間限定のキャンペーンとして開催していた取り組みを定常化することに踏み切った。