西武鉄道はDX(デジタルトランスフォーメーション)施策の一環として、デジタル企画乗車券の取り扱いを開始し、チケット販売で小田急電鉄と連携して、第1弾「秩父フリーきっぷ(デジタル)」を9月15日から「EMot オンラインチケット」で販売を始めた。

 EMot オンラインチケットは、小田急電鉄が運営するMaaSプラットフォーム。西武鉄道公式サイトからもアクセス可能なEMot オンラインチケットに登録・ログインして手順に沿ってデジタル企画乗車券を購入すると、スマートフォン(スマホ)1台で購入から乗車まで完結する。なお、西武線の一部の駅において専用端末によるコードを利用した改札認証を実施する。コード読み取り機のない駅では係員にスマホに表示されるアニメーションを提示する。
 秩父フリーきっぷ(デジタル)は、従来から通年販売で提供していた磁気券の「秩父フリーきっぷ」と内容・販売価格は同じ。西武線発駅から西武秩父駅までの割引往復乗車券と、芦ヶ久保駅から西武秩父駅間と秩父鉄道(野上・長瀞から三峰口駅間)が2日間乗り降り自由となるきっぷで、対象施設で割引や優待が受けられる特典がつく。有効期間は旅行開始日から連続2日間で、旅行開始日の1カ月前から購入可能。価格は大人1650〜2350円、小児840〜1180円。
 第2弾として、西武線(多摩川線を除く)が1日乗り降り自由の乗車券と、飯能駅北口からムーミンバレーパークのあるメッツァまでのバス往復乗車券をセットにした「ムーミンバレーパークおでかけパス(デジタル)」を10月中旬から通年で販売する。当日限り有効で、旅行開始日の1カ月前から購入可能。価格(予定)は大人4100円、小児2400円。このほか、デジタルチケットの発売券種を随時増やす予定。
 なお、企画乗車券「ムーミンバレーパークおでかけパス」は、西武線各駅窓口(小竹向原駅、多摩川線の各駅を除く)において、5月27日〜9月25日の期間限定で販売している。
 EMot オンラインチケットはスマホ専用のため、PCやタブレット端末では利用不可。また、西武鉄道のデジタルチケットはEMotアプリでは販売しない。
 西武鉄道では、提供中の特急券・座席指定券のチケットレスサービスを22年12月にフルリニューアルし、都度のクレジットカード決済で利用できるようにする。今回の小田急電鉄をはじめ、今後もさまざまな企業と幅広く連携し、乗車券のデジタル化推進に取り組んでいく。