アイロボットジャパンは11月11日に、掃除機&床拭きロボット「ルンバ コンボ j7+」の販売を、全国のアイロボット認定販売店・アイロボット公式オンラインストアにて開始する。公式オンラインストアでの販売価格は15万9800円。

 あわせて、ソフトウェアとアプリ機能を実装した「iRobot Genius」に部屋やエリアごとの掃除設定や水拭きに関する詳細な設定ができる機能を追加し、名称を「iRobot OS」に変更。「iRobot Home アプリ」を利用するすべてのユーザーに無償提供する。
 ルンバ コンボ j7+は、独自のエッジクリーニングブラシ、2本のゴム製デュアルアクションブラシ、パワーリフト吸引で構成する「3段階クリーニングシステム」に水拭き機能を追加した2in1モデルのロボット掃除機。新たに追加した水拭き機能では、本体が水拭きの可能な床面を自動検知し、ゴミを吸引しつつアームで圧をかけて水拭きを行い、短時間で効率的に清掃する。
 ラグやじゅうたんを吸引する際には、自動的にモップパッドを天面へ完全にリフトアップするため、ラグやじゅうたんを濡らしてしまう心配がなく、カメラと3基のフロアセンサーで床を認識することで、敷物を見逃さず、確実な切り替えを可能にしている。
 モップパッドは、取り付け部が持ち上がるので簡単に交換して洗濯できる。また、ダスト容器と水拭き用のタンクは一体型でメンテナンスをしやすくした。
 さらに、本体前面に搭載したカメラによって、コードやペットの排泄物といった障害物をリアルタイムに識別して回避することが可能で、散らかった床でも掃除できる「PrecisionVision ナビゲーション」を備える。このPrecisionVision ナビゲーションは、ユーザー参加型AIで、清掃中に障害物を見つけると清掃終了後にアプリにその画像が表示され、そういった障害物に今後どのように対処すべきかを、ユーザーが任意に同社の管理するクラウド上へフィードバック可能となっている。
 掃除が完了すると、本体のダスト容器内のゴミは、クリーンベース内の「AllergenLock 紙パック」へ自動で排出される。なお、紙パックには最大で1年分のゴミを収納できる。
 発売に先立ち、都内で開催したアイロボットジャパン 新製品プレス発表会では、新製品に搭載した、自動的にモップパッドがリフトアップする仕組みや新iRobot OSの進化点などを説明。日本の住宅事情を鑑みロボット掃除機に水拭き機能をプラスしたといい、質疑応答において既存製品との棲み分けを問われると、最高水準の拭き掃除を求める場合は「ブラーバ」と「ルンバ」シリーズの2台持ちをおすすめするとした。2in1モデルとなるルンバ コンボ j7+は、から拭き機能は搭載していない。