日本コカ・コーラは、スマートフォン(スマホ)向け公式アプリ「Coke ON」の新機能として、独自のポイント機能を持ったプリペイド(事前チャージ)型電子マネー「Coke ON Wallet」を追加し、11月下旬から提供する。サービス開始後、通常よりチャージ時のポイント還元を上乗せする「Coke ON Walletスタート記念 チャージキャンペーン」も実施する。

 現在、Coke ONアプリでスマホと自動販売機(自販機)を接続して、PayPay、LINE Pay、楽天ペイ(アプリ決済)、au PAY、d払い、メルペイといったコード決済、クレジットカード、電子マネーで支払い可能だが、全国100以上の金融機関からチャージできる電子マネー「Coke ON マネー」を追加し、ユーザーにあわせたプロモーションを展開する。Coke ON ポイントはキャンペーンの参加やチャージ特典として付与する。たまったCoke ON ポイントは1ポイント1円としてCoke ON対応自販機での製品購入時に利用でき、Coke ONマネーより自動的に優先するため全額ポイント払いも可能となっている。
 Coke ONは、獲得したスタンプを15個ためると、1本分のドリンクチケットを獲得できるお得なアプリ。ドリンク購入でスタンプがもらえるCoke ON対応自販機のうち、全国約42万台のCoke ON Pay対応自販機では、Bluetoothで接続し、Coke ONアプリを操作して商品を購入できる。回数券やサブスクリプションサービス契約時はスタンプはたまらないが、1本あたりの価格は都度購入より安い。
 Coke ON マネーは事前に登録した銀行口座より最低200円から1円単位でチャージでき、一度に1000円以上チャージした場合はチャージ金額の5%のCoke ON ポイントを付与する。
 さらに2023年春にはCoke ON対応自販機での現金チャージに対応した「自販機チャージ」サービスを開始する予定。たまった小銭のチャージのほか、紙幣で支払い、お釣りをその場でチャージしてデジタル化するといった利用を想定している。なお、Coke ON Walletの開発には、企業独自のPayサービスを構築するためのスマートフォン決済プラットフォーム「ウォレットステーション」を多くの金融機関や流通事業者に提供するインフキュリオンが共同運営パートナーとして参画している。
 Coke ON Pay対応自販機ではCoke ON Payの利用が約半数を占め、女性の比率も高いが、非対応自販機の台数が多いため、日本コカ・コーラの自販機全体でみると、まだ現金決済の比率が圧倒的に多いという。Coke ON Walletとして、Coke ON マネーとCoke ON ポイントの二つのサービスを投入することで、国が掲げるキャッシュレス決済比率の向上の目標に貢献するとともに、自販機を設置している小売店舗・施設などへの集客アップを目指す。
 22年11月下旬〜23年3月31日に実施する「Coke ON Walletスタート記念 チャージキャンペーン」では、Coke ON マネーに1000円以上チャージすると、通常の2倍となる、チャージ金額の10%をCoke ONポイントで還元する。