西日本旅客鉄道(JR西日本)は、ICカード乗車券「ICOCA」のモバイル端末向けサービスとして、Androidスマートフォン向けに「モバイルICOCA」を3月22日に開始すると発表した。

 Google Playストアからダウンロードできる「モバイルICOCAアプリ」を対応機種にインストールし、WESTER会員登録(既存会員は不要)、クレジットカード登録、ICOCAの発行を行うと、現状のICOCAカードと同様に電車やバスの交通利用や、電子マネーでの買い物などが可能になる。
 チャージ方法は、クレジットカードまたは、モバイル端末対応の券売機やセブン銀行ATMを利用した現金チャージ。クレジットカードはJR西日本の「J-WESTカード」のほか、JCB、VISA、MasterCard、American Expressの3Dセキュア対応カードも利用できる。
 なお、J-WESTカードを登録してアプリでチャージや定期券購入を行うと、チャージ額・購入額に応じ、JR西日本グループの共通ポイント「WESTERポイント」が最大3%(ゴールドカード以外は最大1.5%)たまる。
 アプリではチャージや定期券の購入、モバイルICOCAへのポイントチャージのほか、ポイント数やICOCA利用分のポイント付与履歴も確認可能。プリンタに接続して利用履歴やチャージ・定期券購入の領収書の印刷も可能となる。2月22日に「モバイルICOCAプレサイト」をオープンす。対応機種などが確認できる特設サイトは3月中旬に公開予定。
 対応機種は購入時点でAndroid 10.0以降を搭載し、最新版「おサイフケータイアプリ」をインストール可能な端末。まずはAndroid向けにサービスを提供し、iPhoneには対応しない。また、ICOCAカードや他の交通系ICカードを、モバイルICOCAに移行(引継ぎ)することはできない。バス・地方鉄道事業者が発売するバスなどの定期券の購入、利用も不可。
 WESTERポイントは従来の「J-WESTポイント」「ICOCAポイント」「WESPOポイント」などのポイントサービスを統合した新たなポイントサービス。原則、購入金額税込110円につきWESTERポイントが1ポイントたまる。