首都圏で「ガーラマンションシリーズ」を展開しているFJネクストホールディングスは、首都圏でひとり暮らしをする未婚20・30代1600人を対象に、「住みたい街」をテーマにアンケートを実施した。

●1位は6年連続で「吉祥寺」


 未婚の単身生活者が選ぶ「今、住みたい街」は、調査開始の2018年以来6年連続で「吉祥寺」が1位となり、今年も不動の人気ぶりを見せつけた。2位「横浜」、3位「新宿」は昨年と同じ。この2つは2019年以降、毎年2位、3位を争っている。
 今回の注目は4位「東京」。2021年10位から昨年6位と順位を上げてきたが、今年ついに初のトップ5入りとなり、3位の新宿には8票差に迫った。上昇組では「中目黒」が12位→8位とトップ10入り。11位以下では「武蔵小杉」が18位→11位、「大井町」が33位→19位と大きく上昇した。一方、昨年10位だった「大宮」が16位に順位を落とした。
 住みたい理由は、「おしゃれ」、「憧れ」などの“イメージ”評価と、「交通アクセス」、「買い物に便利」などの“利便性”評価の2つに大別される。トップ5を見ると、「吉祥寺」や「横浜」は、“イメージ”と“利便性”の両方が揃っていた。一方、「新宿」、「東京」、「渋谷」は“利便性”が目立った。
 次に、単身生活者が「単身者にお薦めしたい街」では、「横浜」が「吉祥寺」を抑え1位となり、「中野」が3位、4位は「新宿」、「東京」という結果となった。トップ5で注目は「中野」で、「今、住みたい街」で人気の「新宿」、「東京」を上回った。
 また、「中野」の他にトップ10では「高円寺」、「北千住」、「大宮」、「練馬」、10位から20位では、「赤羽」、「荻窪」、「蒲田」、「川崎」、「町田」といった街がランクインしているのが特徴的で、「今、住みたい街」とは一味違った結果となった。
 主な理由としては、ひとり暮らしという視点で、交通や買い物などの“利便性”に加え、家賃や物価の“安さ”というポイントも重視されているの特徴的だった。