【いま注目のトレンドワード・396】 音楽の話題で盛り上がることも多いX(旧Twitter)。11月15日には、Xで「恋愛レボリューション21」がトレンド入りを果たした。言わずと知れたモーニング娘。の大ヒットシングルだが、リリースされたのは2000年のこと。なぜ今再び話題を集めたのだろうか。

●OG3人の存在感がすごい…! エモすぎる「恋愛レボリューション21」


 モーニング娘。の11枚目のシングルとして、2000年12月13日に発売された「恋愛レボリューション21」。「超超超いい感じ」「LOVE REVOLUTION 21」などの印象的なフレーズや、手裏剣を飛ばすようなキャッチーな振り付けが随所に盛り込まれ、当時一世を風靡した楽曲だ。
 話題となったきっかけは、11月15日に放送された「テレ東60祭! ミュージックフェスティバル2023」でのこと。モーニング娘。'23とOGの3人(保田圭さん・矢口真里さん・辻希美さん)の貴重なコラボレーションが実現し、そのステージで「恋愛レボリューション21」が披露された。
 現役メンバーとOGとのコラボレーションはファンの間でも大きな話題となり、「OG3人のダンスと存在感すごいわ」というコメントや、「現役メンバーに遜色ないアイドル感を持ったOGたちがカッコいいし可愛い」といった反響が多数寄せられた。
 また、かつてモーニング娘。のステージをリアルタイムで視聴していたファンからは、「エモすぎて涙出てくる」「黄金期のモーニング娘。は今思い出しても凄かった」と当時を懐かしむ声が相次いだ。
 圧倒的なステージパフォーマンスを披露してくれたOGの3人。今回のコラボが大好評だっただけに、またOGが参加する機会があるかもしれない。そのときは、当時のメンバーがさらに加わったコラボを見れることを期待したい。(フリーライター・井原亘)
「恋愛レボリューション21」だけじゃない! 是非チェックしたいその他トレンドワード
・サーキュラー
・ブルーカーペット
・レインボーブリッジ封鎖
・ゴールデンアイ
■Profile
井原亘
元PR会社社員の30代男性。現在は流行のモノや現象を追いかけるフリーライターとして活動中。ネットサーフィンとSNS巡回が大好きで、暇さえあればスマホをチェックしている