メッセンジャーアプリ「LINE」を提供しているLINEは、6月15日に開催した「LINE CONFERENCE 2017」で、クラウドAIプラットフォーム「Clova」に関し、新たなパートナー、新たな「Clova」搭載デバイスなどを発表した。

 LINEのクラウドAIプラットフォーム「Clova」は、LINEとNAVERの共同開発プロジェクトとして、今年3月に概要を発表。「Clova」搭載製品は、電気のオン・オフなど、音声による家電の制御(ホームコントール)のほか、話しかけると音声で会話したり、ニュースや天気などの生活に必要なコンテンツ・サービスを教えてもらったりできる。

 同社は、「LINE」を入り口として生活のすべてが完結する「スマートポータル」を推し進めており、さまざまな領域で、「Clova」を用いたAIによる次世代サービス、プロダクトの開発を推進していく。

 「LINE CONFERENCE 2017」では、初の「Clova」搭載スマートスピーカー「WAVE」の詳細を発表。今秋の正式発売に先立ち、「MUSIC」機能に絞った先行版を税別1万円で今夏に発売する予定。音声コミュニケーションなどに対応した正式版の価格は税別1万5000円で、先行版もアップデートでフル機能を利用できるようになる。