BenQが7月14日に発売した、WQHD解像度の27型液晶ディスプレイ「EW2770QZ」は、「フリッカーフリー」「ブルーライト軽減」「ブライトネスインテリジェンスPlus(B.I.+:Brightness Intelligence Plus)技術」の3つの要素を盛り込み、目の健康に配慮した最先端のアイケアディスプレイだ。今回、仕事で使うディスプレイを「EW2770QZ」を置き換えて、本当に長時間、使い続けても目が疲れないのか、アイケア性能を確かめてみた。

●どんな環境でも同じ色味に、アイケアに配慮したディスプレイ


 「EW2770QZ」の最大の特徴である新技術「B.I.+」は、常に同じ色味で画面が見えるよう、輝度や色温度を自動でバランスよく調整する機能。本体下部にあるセンサで周囲の状況を把握し、朝夜の自然光の違いや照明の当たり具合といった、周囲の環境にあわせ、変化が少ないように調節する。

 明るい中でも暗い中でも同じ見え方を保てるため、映画館のように部屋を暗くしなくても、映像作品を存分に楽しめるのが魅力だ。

 さらに「B.I.+」は、ディスプレイの使用時間を記録し、時間経過につれて蓄積する目の疲れに配慮した映り方に変化していく。具体的には、使い始めははっきりと表示し、使用時間が長くなると柔らかに描画する。

 実際にオフィスで「EW2770QZ」を5日間ほど使ってみたところ、目を近づけなくても画面が見やすいので、細部が見やすくなり、画面を注視する時間が減り、背筋を伸ばすようになって姿勢が改善したような印象だ。元々使っていたディスプレイは、「EW2770QZ」とは違い、バックライトの点滅がない「フリッカーフリー」設計ではなく、「ブルーライト軽減Plus」モードといったアイケア対策機能は一切ない。それと比べると、目の疲労具合は明らかに軽減されたように感じた。

●ウルトラスリムベゼルで机周りもすっきり


 改めて「EW2770QZ」の基本スペックを紹介しよう。解像度2560x1440のWQHDで、広視野角で斜めから見ても見やすく、映り込みが少ないノングレアタイプのIPS液晶パネルを採用。ほとんどフチのない4辺ウルトラスリムベゼルなので、BenQのロゴはディスプレイのスタンドと本体の背面のみだ。ディスプレイのベゼルにロゴを記載するメーカーが多い中、コンテンツに集中できるよう配慮しているともうかがえる。

 本体には2W×2基のスピーカーを搭載。映像入力端子は、HDMI 1.4×2基、DisplayPort 1.2×1基を備える。

 ディスプレイを長時間見続けていると、目の疲れだけではなく、ドライアイや肩こりなどの症状も出始める。PCでの作業がさらに辛くなるだけでなく、身体にも悪影響が及んでしまうのは避けたいところ。「B.I.+」で画面がいつでも見やすい、目に優しいディスプレイならば、そうした悪影響も最小限に抑えられそうだ。