KDDIと沖縄セルラーは、暮らしの安心・便利・楽しさをコンセプトとしたIoTサービス「au HOME」と、そのオプションサービス「セコム駆けつけサービス(ココセコム for au HOME)」の提供を7月31日に開始した。

 「au HOME」は、スマートフォンとセンサやネットワークカメラ、開閉センサなどの「au HOMEデバイス」を活用して、外出先でも、専用アプリ「au HOMEアプリ」から自宅のドアの鍵・窓の開閉状況の確認や、自宅にいる家族やペットとのコミュニケーションが可能なIoTサービス。「au HOMEアプリ」で一元的に管理できるため、最新のIoTデバイスを便利に使える。
 当初は「auひかり」のユーザーが対象だが、2017年11月以降、「auひかり」以外のインターネットサービスを利用しているauスマートフォンユーザーにも対象を拡大する予定。税別の月額料金は490円。
 利用にあたり、「au HOMEデバイス」の購入が必要。機器代金は一括または分割で支払う。また、11月末まで、初期設定やデバイスの設置、動作確認のサポートを通常9800円の「訪問設置サポート」を初回に限り5000円で利用できる「初回割引キャンペーン」を実施する。
 「セコム駆けつけサービス(ココセコム for au HOME)」は、「au HOME デバイス」が誰もいない自宅で窓やドアの開放を検知した場合などに、「au HOMEアプリ」から簡単な操作でセコムに連絡し、セコムの対処員が訪問・同行して安全確保に努める。セコムとの契約にあたり、月額料金はかからない。駆けつけサービスを利用した場合の料金は、税別1万円。