AV機器を扱うオンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン、ディーアンドエムホールディングス、ヤマハミュージックジャパンと、動画配信サービスを手掛けるビデオマーケットの4社は11月15日、東京・銀座のヤマハ銀座スタジオで記者会見を開き、合同でキャンペーン「映画を聴こうプロジェクト」を実施すると発表した。

 キャンペーンでは、2017年11月15日〜18年1月31日の間に対象のホームシアター用製品を購入した消費者が、17年12月1日〜18年2月7日の期間中に特設Webサイトから応募すると、もれなく5000円相当(新作映画約10本分)のビデオマーケット動画視聴ポイントか、Chromecastと1000円相当のビデオマーケット動画視聴ポイントを配布する。
 対象となる製品は、オンキヨーが5製品、パイオニアが9製品、デノンが5製品、マランツが2製品、ヤマハが15製品の、計5ブランド36製品。今回のキャンペーンを通じて、映像配信サービスとAVアンプやサウンドバーなどのホームシアター機器を組み合わせることで、自宅でいつでも手軽に高画質・高音質なコンテンツを楽しむことができる新たなライフスタイルを提案していくという。(BCNメディア編成部)