紫外線吸収能20%アップ!
ビタミンC60バイオリサーチ株式会社は、2017年7月1日より、『Sun Guard FullereneA(サンガードフラーレンA)』を発売開始した。

この製品は、日焼け止め専用フラーレン化粧品原料で、通常の日焼け止めよりも紫外線吸収能が20%も高いのが特長。

エイジングケアにも効果的なフラーレンを日焼け止めに配合することで、より肌に優しい商品となる。

肌老化に歯止めをかける
今や、肌老化の実に8割が紫外線による光老化だと言われ、年間を通した日焼け止め対策が浸透している。

さらに、近年では日焼け止めとしての機能はもちろん、スキンケア商品としてのニーズも高まっている。

フラーレンは肌老化の原因となる活性酸素の消去能にも優れ、エイジングケア商品にも多く取り込まれている。

この度の発売は、よりサンケア製品に配合しやすいようフラーレンの開発が進められたことによるものとなる。

サンガードフラーレンAの特長
サンガードフラーレンAは、皮膚の深いところまで届いてコラーゲンなどを破壊して、シミやシワの原因となるUV-Aはもちろんのこと、抗炎症作用によって、肌表面で炎症を起こすUV-Bに対しても効果を発揮する。

何も塗っていない皮膚と、日焼け止めを塗った皮膚、サンガードフラーレンAを配合した日焼け止めを塗った皮膚で紫外線を照射し、1日経った肌の赤みを計る実験では、サンガードフラーレンAを配合した日焼け止めを塗った皮膚が最も赤みを抑えられていることが確認された。

光老化は女性にとって深刻な問題。どうせ日焼け止めを使うなら、より効果の高いサンガードフラーレンAが配合された商品を試してみてはいかがだろうか?

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※ビタミンC60バイオリサーチ株式会社のプレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/131235