「ヘンプ」とはあの植物のこと
株式会社シャンブルが展開するオーガニックヘンプコスメブランド「CHANVRE(シャンブル)」は、2017年6月12日(月)より、「ヘンプ・ナチュラルバーム」を発売した。

「ヘンプ」とは、「麻の」こと。麻は、衣類の生地などでよく耳にするが、昔から食用や神事などにも使われている、日本になじみの深い植物だ。

麻の実から抽出する「ヘンプシードオイル」は、必須脂肪酸が豊富に含まれており、近年、健康や美容への効果が注目されている。

全身使える万能バームが登場
同製品はヘンプオイル、シアバターなどをたっぷりと配合。フェイスやボディはもちろん、リップ、ネイル、ヘアと、あらゆる部位に使うことができる。

ケアの最後に同製品を塗るだけで肌をしっとりと保つことができ、さらっと肌なじみが良い使用感も使いやすい。

ヘンプオイルやシアバターの他にも、オリーブオイル、ミツロウ、ホホバオイルなど、100%天然由来成分配合が嬉しい「ヘンプ・ナチュラルバーム」は、乳幼児から年配者まで、年齢・性別を問わず使える“万能バーム”だ。

価格は28gで2,500円(税抜)。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社シャンブル プレスリリース/ValuePress!
https://www.value-press.com/pressrelease/185217