立ち姿勢が美しくなるティラノポーズ
美脚構造に基づく「開脚」のマスタートレーナーである遠藤ゆうか氏が代表を務めるBIKOZOは2017年7月9日から「ティラノ」という指輪を販売開始した。

ティラノは特許出願中の手の親指と小指を接近させるポーズ。このポーズをとることによって筋肉の連動性が高まり、腹圧がかかりやすくなることによって立ち姿が美しくなるそうだ。

普段はジュエリーとして楽しめる
今回発売の「ティラノジュエリー」は2つの指輪で手の親指と小指を結びつけるデザイン。ティラノポーズをとらない時は指輪を3つ重ねているようなデザインに収まる設計になっているため、アクセサリーとしても楽しむことができる。

一般的に親指につける指輪は仕事運アップのお守りになると言われており、小指につける指輪は変化とチャンスをもたらし、表現力をアップさせるお守りになると言われている。この指輪はそんなお守り効果も叶えてくれるかもしれない。

今後は自分でティラノジュエリーをデザインしたい人のために雛形のみの発売も予定。この雛形は美構造の公式ウェブサイトにおいてティラノデザイナーとして登録すれば誰でも購入できる予定になっている。

姿勢の悪さが気になる人はこのティラノジュエリーをいちど試してみてはいかがだろうか。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※BIKOZO プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/131806