真っ赤なおいしさが新登場
7月11日(火)全国のミニストップにて、MINISTOPCAFEの新商品「ざくろと赤ぶどうのスムージー」(198円)が発売開始した。

これまで、にんじんや小松菜など15種類の野菜と5種類の果物をミックスした「グリーンスムージー」(178円)や、ビタミンCたっぷりの「グレープフルーツ mix スムージー」(178円)、そして誰からも愛される甘酸っぱいおいしさの「いちごとバナナのスムージー」(198円/価格はすべて税込み)など、素材とおいしさにこだわったラインナップを広げてきたMINISTOPCAFEシリーズ。

このたび新しく仲間入りする「ざくろと赤ぶどうのスムージー」には、女性に人気の高いフルーツ・ざくろと、抗酸化作用の高いポリフェノールをメインにそえた。

夏こそ飲みたいスムージー
ざくろのほかにも、赤ぶどう・グレープフルーツ・アップル・レモンを合わせ、計5種類のフルーツで酸味のきいた夏らしい味わいに仕上がっている。

この1本にポリフェノールは240mg、さらに夏の日射しに打ち勝つためのビタミンCも100mg含まれている。このビタミンC量は、30〜49歳の日本人女性が1日に摂取すべき量と匹敵。まさに、おいしさと健康を両立できるスムージーだ。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※ミニストップ株式会社 プレスリリース
http://www.ministop.co.jp/