「FAZ 薬用ブライトソープ」
神奈川県横浜市の株式会社SAMURAIは、“毛穴・ニキビケア”に特化した炭石鹸「FAZ 薬用ブライトソープ」(医薬部外品)の発売を開始した。

SAMURAIは、化粧品・化粧雑貨・健康食品のデザイン、企画、製造、販売等を行う会社だ。

女性の共通の悩み
多くの女性に共通する悩みは、「ニキビと毛穴の開き」。同社では、「ニキビケア・毛穴ケアにこだわった薬用炭石鹸」にこだわり、商品の開発を行った。

「FAZ 薬用ブライトソープ」では、 グリチルリチン酸ジカリウム、ヒノキチオールの2つの有効成分を配合。

生産方法は、ローコストで大量生産を可能とする「機械練り」ではなく、枠に流し入れ時間を掛けて熟成する「枠練り」を採用している。

消炎効果と殺菌効果
グリチルリチン酸ジカリウムは、消炎効果を持ち、ヒノキチオールは殺菌効果を持つことから、ニキビを防ぎ、皮膚を清潔に保つことができる。

ニキビ予防のために、不要な角質や汚れ、過剰な皮脂を取り除き、なめらかで透き通る肌を作り出す。

さらに、「枠練り」を採用することにより、美肌成分・有効成分を55%配合。「界面活性剤」の量も少なく、肌に優しい。敏感肌でも安心の商品だ。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※毛穴・ニキビケア特化型“炭石鹸”構想から3年半!有効成分2つ配合の医薬部外品として発売
https://www.atpress.ne.jp