ファッション雑誌業界を舞台に繰り広げられる、女性たちの幸せ探し
フジテレビ7月クールの新ドラマ「セシルのもくろみ」が、2017年7月13日(木)22:00からスタートした。

「セシルのもくろみ」の舞台は、華やかなファッション雑誌業界。2008年から2010年にかけて、ファッション雑誌「STORY」で連載されていた唯川恵の小説が原作となっている。主題歌は、夜の本気ダンス『TAKE MY HAND』(Getting Better Records)。


平凡な専業主婦だった宮地奈央(真木よう子)が、人気女性ファッション雑誌の編集デスクにスカウトされたことをきっかけに、モデルとして成功の階段を駆け上がっていくシンデレラストーリー。オシャレとは無縁な生活を送っていた宮地が、ライターや、プロ意識が高いトップモデルたちから刺激を受けて、新たな価値観を見いだしていく。

豪華なキャスト
「セシルのもくろみ」には、真木よう子、吉瀬美智子、伊藤歩、長谷川京子、板谷由夏ら、華やかな多数出演。美貌と実力を兼ね備えた女優たちが、専業主婦、独身、共働き、シングルマザーなど、様々な立場にある女性たちの生き様を演じきる。

主演を務める真木よう子は、同作に出演する意気込みを次のように語っている。

私はこの作品を通し、男女関わらず、本当に美しく格好の良い人間とはどういった姿勢で己の道を歩んでいくのか。その様な姿を多くの方に微力ながらもお見せできればと思っております。(フジテレビ セシルのもくろみより)

(画像はフジテレビ セシルのもくろみより)


【参考】
※フジテレビ セシルのもくろみ
http://www.fujitv.co.jp/Cecile/index.html