化粧品会社が手掛けたエステティックスクール
大阪に本社をおく株式会社ナリス化粧品は、昭和7年の設立以来、一貫して、化粧品を通じて女性の幸福と安心を届けることを企業使命として掲げてきた会社だが、その理念のもとに1987年からエステティックスクールを開校している。

2017年に30周年を迎えるこのスクールには、平均して年間に1,000名を超える受講者がおり、美容分野におけるエステティック技術の関心の高さを示している。では、その動機を何なのだろうか。

「手に職」として選択
大工など、自分で身に着けた技術を活かして職業にしている人のことを「手に職を持っている」と言われるが、これは自分の体ひとつで生計を成り立たせることが出来るため、就職する時には何かしら「手に職」となるものをもっていると有利とされる。

エステティックの技術においても、そう考えて受講する要望が増えているというのだ。つまり、本業としてエステティシャンになり活躍したいという人だけではなく、副業としてその技術を学びたいのだという。

美容だけではなくストレス緩和
この背景には、女性の社会進出が増えたことも影響しているようだ。結婚して子どもを産み専業主婦として育てる、という選択肢を選ばない女性はもちろん、子育てが終了した後に、或いは幼稚園や保育園に預けながら仕事に復帰するという女性が増えている。つまり、それだけストレスにさらされるという訳だ。

しかし、専業主婦であってもストレスは抱える。いや、逆に専業主婦の方がやっていることは大変なのに社会的に評価されないため、ストレスを抱えるのかもしれない。

ただ、自分の美容やストレス緩和のためにエステに通う、という選択肢は昔の日本にはなかった。そのため、社会生活全般が女性のエステ通いを後押ししているという構図になっている。

株式会社ナリス化粧品が開くエステティックスク―ルでは、今後、技術だけではなくカウンセリング分野での資質向上を目指して指導していくという。これを機会に、あなたも「手に職」を考えてみてはいかがだろうか。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社ナリス化粧品 公式サイト
https://www.naris.co.jp/

※株式会社ナリス化粧品 プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/132695