コカ・コーラシステムは8月7日から「い・ろ・は・す 無糖スパークリング」を発売する。

ミルクにも安心して使える軟水
「い・ろ・は・す」は日本の天然水を使ったミネラルウォーターブランド。北海道、岩手県、富山県、山梨県、鳥取県、宮崎県の天然水を工場内で汲み上げ、濾過をしてから短時間加熱殺菌の後、無菌状態でペットボトルに注水している。

同ブランドの水は軟水であるため、赤ちゃんのミルクにも使えるとして人気のあるミネラルウォーターブランドだ。

これまで同ブランドは通常のミネラルウォーターはもちろん、様々なフレーバーウォーター、スパークリングウォーターなどを展開しているのだが、今回はブランド初となる機能性表示食品をリリース。

ブランド初の機能性表示食品
この「い・ろ・は・す 無糖スパークリング」は難消化性デキストリンを配合したスパークリングウォーターだ。

難消化性デキストリンは食事に含まれる脂肪の吸収を抑制すると共に脂肪の排出を促進させる機能や糖の吸収を緩やかにし、食後血糖値の急上昇を抑える機能があることが知られている。また、お腹の調子を整える機能もあるため、お腹の調子を整えたい時にも選びたい商品。

やさしい刺激の炭酸でゼロカロリーのため、これから多くの人に愛される商品になることは間違いないだろう。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
日本コカ・コーラ株式会社 プレスリリース
http://www.cocacola.co.jp/press-center/news-20170710-11