株式会社ワコールは、20代〜50代の女性を対象に、「睡眠と下着に関する調査」を実施。
その結果、日本女性の5人に1人が、睡眠時にバスト自体も寝返りと共に動いたり、仰向けに寝ると左右に広がったりしてバストが妨げになり睡眠できていないと感じていることが判明した。

「乳眠」できていない女性の半数以上が、睡眠の質に満足できていないと回答
調査では就寝時、全体の5人に1人が「邪魔だと感じたことがある」(22.0%)と回答。また、就寝時にバストが寝返りと共に動いたり、仰向けに寝ると左右に広がったりして、「バストは睡眠できていないと思う」との意見も。
バストが邪魔だと感じる人の54.5%が睡眠に「満足していない」と答えており、女性の5人に1人はバストのせいでゆっくり休息ができず、その半数以上が睡眠の質に満足できていない状態であることが判明した。

ナイトブラ着用の約6割が「満足」と回答
「乳眠儀式」とは、睡眠時のバストをやさしく安定させて、ここちよい眠りをめざすための習慣行動のこと。800人を対象とした、「乳眠儀式」について調べた本調査で、日常生活についてナイトブラする派としない派で比較した。
寝るとき用のブラジャー=ナイトブラをつけていると答えた人(3,087人)にその満足度を聞くと、約6割(58.5%)が「満足」と回答。ナイトブラの着用は15.4%とまだ少数派であるものの、つけている人の満足度は高いようだ。また、ナイトブラする派(54.1%)は「毎日が楽しい」と答え、ナイトブラしない派(51.1%)より高い結果が。「毎日アクティブに過ごしている」(ナイトブラする派41.3%、ナイトブラしない派37.5%)、「毎日の生活に満足している」(同53.1%、49.1%)など、いずれもナイトブラする派の方が高い傾向が見られた。
さらに毎日の生活に満足している、と答えた人を年代別で見ると、50代女性でナイトブラする派(64.0%)はしない派(55.0%)より高く、ポジティブでアクティブな前向き女子には、ナイトブラをしている女性が多いという結果も出ている。

パートナーに愛され睡眠の質も高い女性は“パジャマ”着用などのを実践
寝る前に習慣的に行う「トイレ」「歯磨き」「パジャマ」が入眠の三大儀式で、女性の約8割は「入眠儀式をしている」(78.8%)ことがわかった。
また、入眠儀式実践派は「パートナーから愛されている実感がある」(76.0%)、「親友がいる」(41.0%)など、入眠儀式しない派よりも愛され女子が多いことが判明。

専門家によると、ここちよく眠るためには、心とからだを「動」から「静」に切り替えることが大切なのだそう。よく眠れない、落ち込みがち、人間関係がうまくいかないなどといった悩みの原因は、実は「入眠」「乳眠」にあるのかも。
心あたりのある方は、ナイトブラをする、入眠儀式を心がけるなど環境を改善してみると良いかもしれない。

【参考】
※「入眠儀式」の関連サイト
http://www.wacoal.jp/pw/suyasuya/

※「入眠×乳眠」の関連サイト
http://www.wacoal.jp/nyumin-nyumin/