乾燥肌にアプローチ
松山油脂株式会社が手がけるスキンケアシリーズ「肌をうるおす保湿スキンケア」が、リニューアルして新発売された。

同シリーズは肌の大敵である乾燥ケアに重点を置いたもの。肌をしっかり保湿し、潤いを閉じ込めてくれる。また乾燥に悩む敏感肌の女性でも安心して使用できるよう、アルコールや香料、着色料などを排除した低刺激処方であるのもポイントだ。

こだわりの保湿成分
保湿の軸となるのは、大豆発酵エキスや大豆ペプチドなどの大豆由来保湿成分と、5種類のセラミドだ。大豆の力で角質層の奥深くまで水分を届け、セラミドがバリア機能を高めて水分を逃さないように蓋をしてくれる。

リニューアルポイント
今回のリニューアルで、化粧水の「肌をうるおす保湿浸透水」は、好みの使用感を選べる2タイプに。ヒアルロン酸がプラスされ、より保湿力が高い「モイストリッチ」と、ベタつきと乾燥をバランス良くケアする「バランシング」タイプだ。

また「肌をうるおす保湿美容液」はピンッとハリ感のある弾力肌へ導くために、保湿成分にハリ効果が期待できるペプチドをプラスした。その他にも、環境に優しい詰め替えタイプがより使いやすく改良された。

敏感肌にも優しい保湿ケアがパワーアップ。乾燥の気になる方は試してみてはいかがだろうか。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※松山油脂株式会社のプレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/150995