「猪名川屋」から新メニューが登場
株式会社COOLHANDは、同社が運営する炭火焼きこんにゃくの専門店「猪名川屋」から新メニューとして、手造りこんにゃくを30%配合した『情熱コロッケ』の正式販売をスタートした。

今回の『情熱コロッケ』は、1か月以上前からいくつもの店舗でテスト販売を実施し、レシピの改良を繰り返し、ようやく正式メニューとなった。衣は、サクッとしており、中身はホクホク。卵・牛乳・肉類不使用でヘルシーなコロッケである。

手造りこんにゃくを30%配合
こんにゃくは、食物繊維やカルシウムが豊富であり、便秘解消に効果があるとされている食べ物である。成分の90%以上が水分で構成されており、残りの成分は食物繊維が多くをしめているため、カロリーはほぼゼロに近い。また、乾燥肌の改善に役立つ「セラミド」も多く含まれている。

『情熱コロッケ』は、見た目はもちろん、食べてもこんにゃく入りであることにほぼ気付かないレベルの美味しいコロッケに仕上がった。独自製法で作られた下味付きこんにゃくを2種類ブレンドし、全体の30%をこんにゃくで置き換えている。こんにゃく入りでも、歯応えがあり、満足感も高く、しっかりとした食べごたえがある。店頭販売価格は、税込み150円。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※プレスリリース 株式会社COOLHAND
https://www.value-press.com/pressrelease/233325