国産の原料から抽出した美容成分を使用
株式会社ビーバイ・イーは、同社が展開するヘシカルヘアケア『凜恋(リンレン)』から、「ボディソープ ミント&レモン」を数量限定で発売する。

発売は2020年3月15日(日)より、先行発売は2月15日(土)より開始する。

同ブランドは、『人に、自然に、そして未来へ』をコンセプトに、国産植物由来の原料や、環境に負担の少ない洗浄成分を使用している。

この度、発売される「ボディソープ ミント&レモン」も、温泉水や国産の天然クレイ、レモン、ミントなどを使用している。

豊富なミネラルが肌を温める
同製品は、「美人の湯」として知られる岡山県産湯原温泉水を使用。古い角質を乳化させてやさしく落とす効果や、豊富なミネラル成分により血行促進を促進する効果が期待できる。

また、余分な皮脂や汚れを吸着する沖縄県産の天然クレイを配合。洗い上がりの肌は、ザラつきのないなめらかな肌に導いてくれる。

そして、抗炎症・抗菌・消臭・保湿効果のある国産植物原料8種類を配合して、洗い上がりの使用感はさっぱりとしている。

肌に刺激の強いアルコールやパラベンなどは使用せず、肌にやさしい処方となっている。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社ビーバイ・イーのプレスリリース
https://www.bxe.co.jp/