肌にみずみずしさや弾力が生まれる新スキンケアライン
2020年9月16日、株式会社コーセーは、同社が展開する『コスメデコルテ』から、新しいエイジングケアスキンケアライン「リフトディメンション」を発売する。

同ラインは、「美の基盤を立て直す」をコンセプトに、年齢を重ねるごとに変化する肌の弾力状態に着目して、同社による肌の老化メカニズム研究の成果を反映させた製品を提供していく。

肌の奥からふっくらもちもち肌へ
新ラインより誕生するのは、メイク落とし、洗顔料、化粧水などの合計10品。

メインアイテムである美容液「セラム」は、有効成分である「グルコシルナリンギン」を配合している。

この成分は、ナリンギンという成分を水に溶けやすくした成分で、世界で初めて配合に成功した。この成分は、上向きのハリ感と弾力間のある肌に導いてくれる。

さらに、乳液や化粧水にも、肌をみずみずしく潤して、肌深くの角層部分からふっくらとした柔らかい肌を叶えてくれるオリジナル成分「シャルルドミルローズエキス」などが配合されている。

同ラインの製品に共通して、グリーンフローラルパウダリーの香りを採用している。リラックス感が得られるだけでなく、リッチな気持ちにさせてくれる香りだ。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社コーセーのニュースリリース
https://www.kose.co.jp/