乳酸菌配合の新ローション
ニチニチ製薬株式会社は、酵素処理乳酸菌「MK-116」を配合したスキンケア「ラ ポーテ チホ」シリーズより、皮脂バランスを整える新商品「ラ ポーテ チホ エクストラローション」(税込み4,620円)を発売。2020年7月15日(水)より、ドラッグストアや量販店などで販売を開始する。

美肌のポイントはオイルバランス
「ラ ポーテ チホ」は肌のオイルバランスに着目したスキンケアシリーズ。過少な皮脂はバリア機能の低下や乾燥トラブルの原因になる一方、過剰な皮脂はニキビや毛穴トラブルを引き起こす。

そこで同シリーズでは、肌の皮脂バランスを整える効果がある酵素処理乳酸菌「MK-116」を配合。加熱処理をした乳酸菌が持つ優れた免疫機能を研究してきたニチニチ製薬だからこそ作れる、注目のスキンケア商品だ。

紫外線や乾燥をケア!
「ラ ポーテ チホ」シリーズからは、2019年2月にオールインワンジェルとナイトクリームが発売されていたが、今回新たに「エクストラローション」が仲間入りする。

ローションには「MK-116」をはじめ、保湿成分としてヒアルロン酸、コラーゲン、トレハロース、ローヤルゼリーの4成分を配合。とろみのあるテクスチャーが肌の隅々まで美容成分を届けてくれる。顔だけでなく全身に使えるので、日焼け後のスキンケアにもおすすめだ。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※ニチニチ製薬株式会社のプレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/218332

※ニチニチ製薬株式会社の公式サイト
http://www.nichinichi-phar.co.jp/